消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。
まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストに入っている可能性があります。
また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。
つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。
又、複数から借り入れがある人は多重債務者といい、どの誰でも借りれる消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。
誰でも借りれる消費者金融の借入れ条件やデータというものはランキングサイトを見れば一目瞭然です。
消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。
各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。
更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。
しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。
カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。
郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。
見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。
一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みでは誰でも借りれる消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。
審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。
お金を工面する方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと誰でも借りれる消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。
銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。
一方、消費者金融のキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。
そのため、誰でも借りれる消費者金融のキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。
審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。
消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。
その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。
これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。
払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが払い戻しには請求期限があります。
完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。
お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。
ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や誰でも借りれる消費者金融などがあります。
クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。
一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。
銀行と消費者金融の違いは業務内容です。
銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。
昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。
最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので誰でも借りれる消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。
業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。
就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。
気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。
消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行法とは異なる法律の適用を受けます。
貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。
総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。
従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。
ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。
人気が高い金融機関の評価ポイントは低金利で審査が早いといった理由があげられます。
しかし、誰でも借りれる消費者金融の場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。
人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれの誰でも借りれる消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。
それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。
又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。
銀行以外だと誰でも借りれる消費者金融やクレジットカード等があります。
少し前までは銀行からお金を借りるとなると、融資までにかなり時間がかかりましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。
金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で売上を確保し、利益を上げています。
銀行と消費者金融の金利を比較すると通常は誰でも借りれる消費者金融の金利の方が高い場合が多いです。
一概に消費者金融のほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。
住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。
住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。
その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。
ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も不要です。
何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。
カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。
毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。
引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。
ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。
返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。
現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますが一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。
その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。
借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。
一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。
今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。
消費者金融のキャッシングと銀行カードローンにはそれぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。
誰でも借りれる消費者金融のメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。
銀行は銀行法、誰でも借りれる消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。
これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。
ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。
消費者金融と言うとサラ金や街金が連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。
バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。
現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。
最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。
しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

カードローンの申し込みと言えば、大手の消費者金融アコムや銀行ではスマホ専用のアプリがあるところもあります。
簡単に短時間で申し込みができ、それ以外にも契約後の新たな利用枠について確認したい時や、自分の銀行口座への振り込みで借入をする時などにも大変楽になります。
携帯電話ではなくスマホを使っている方なら専用アプリが利用できるかどうかでどこの業者にしようか考えるのも良いですね。

オススメもcheck
誰でも借りれる消費者金融とは?おすすめはアコム?【審査に通る】

関連記事