赤ら顔でお困りの方は多いと思います。
いくら一生懸命ケアしてもなかなかケアができないのが赤ら顔です。
赤ら顔の原因は一体何なんでしょうか?

赤ら顔について説明していこうと思います。
赤ら顔とは、どのような状態かというと毛細血管が拡張してしまい、で顔の毛細血管が目立ち顔色が常に赤くなってしまっている状態の事を言います。
一言に赤ら顔と言いましてもさまざまな種類があります。
そして原因も症状に応じてたくさんあります。
赤ら顔の症状により重症の場合は専門的な治療法も必要になる時があります。
明らかに症状がケアできない時や一向に症状が良くならない時はまず皮膚科を受診し、重症度を診断してもらうのが良いでしょう!

赤ら顔のケア方法

赤ら顔のケア方法として、主に毛細血管拡張症による赤ら顔の治療法について説明したいと思います。

軽症の場合は、普段の食生活やスキンケアの方法を変える事により対応することができます。女性の場合はいつも使ってる化粧品を変えるだけで治る方も大勢います。

・食生活の改善

アルコールやタバコ、カフェイン等の嗜好品や香辛料などの刺激物は、赤ら顔の原因になります。
このようなものを多く普段から撮ってる人は控えることによって赤ら顔が治る可能性もあります。

・スキンケア(洗顔)の見直し

洗顔のし過ぎやゴシゴシ洗いは肌にかえって刺激と負担を与え乾燥をもたらしてしまいます!
それにより赤ら顔の原因になるのです。皮脂汚れはかるく洗顔するだけでキレイに落ちるので、必要以上に洗わないで下さい。
かなり重要なポイントです。

また、洗う時には手の摩擦を避けるよう、たっぷりの泡で優しく洗うようにしてください。
洗顔料や化粧水などを、なるべく刺激の少ないものにするのも有効な手段です。

また、皮膚の炎症による赤ら顔を抑えるには、ビタミンC誘導体が効果的が期待できます。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCをお肌に浸透させやすく加工した成分になります!
ビタミンCには抗酸化作用がありますので、皮膚から直接浸透させるためにはこの誘導体が有効になります!

・漢方薬
外気温やアルコールは弱い人は、それにより血管が広がりやすくなっている可能性が高いです。
そのような人は漢方で赤ら顔をケアするのも有効な手段です。

「桂枝茯苓丸」
「温経湯」
「桃核承気湯」

これらの漢方は、血を流れやすく改善する漢方薬として知られています。
ですので赤ら顔に対しても有効に効くことが期待できます。

ULUについて、詳しくはこちら⇒ULU(ウルウ) 口コミ

関連記事


    皮膚科にいって赤ら顔と診断されても、一向に治る気配がない。 赤ら顔で悩んでいるあなた、このような経験はありませんか? 治りそうもないので通院はやめて自宅でなんとかケアできないものか。 という方に使える…


    顔の肌荒れや赤み、赤ら顔は女性だけが悩む肌トラブルではなく、男性も肌が荒れてカサカサしたり、顔が赤くて悩んでいる人もいます。 男性でも日常的に使っているスキンケアアイテムとして化粧水が挙げられますし、…


    普段の生活の中で以下の7個を気をつければ、背中ニキビの改善と予防になります。 ストレスを溜めこまない シャンプーやリンスのすすぎはしっかり洗い流す 油分の多い日焼け止めは使わない 睡眠をしっかりとる …


    heartotiba

    ニキビ肌のためにはスキンケアだけでなく、正しい食事や飲み物を正すことなど、中からのケアも欠かせません。 そして、ストレスや睡眠不足も原因になりますし、紫外線などもよくないので、日頃からしっかり予防す…


    敏感肌専門ブランド「ディセンシア」のアナヤスシリーズが 2016年11月よりリニューアルしました! 新しくなったアヤナスの大きなリニューアルポイントは 今のアヤナスよりも保湿力がアップしたこと。 ⇒デ…