日焼け止めを購入しようと思った時に多くの方がシミやシワを防ぐ効果がきっちりある日焼止めを選ぼうとするかと思います。
ですが、日焼け止めを選ぶ時はもっと真剣に日焼け止め選びをする必要があります。
それは一体何かというと、SPFの数値を気にして日焼け止めを選ぶ必要があるという点です。
そしていつも日焼け止めを購入している人の多くはこのSPFという数値をなんとなく見ているという人が大半だと思います。
それでSPFという数値が高い方がより紫外線から肌を守ってくれると思ってSPFの数値が高い物を選ぼうとするかと思います。
確かに日焼け止めを選ぶ際にSPFの数値が高い方が紫外線から肌を守る効果があります。
ですが、単純にSPFの数値が高い物を選ぶと肌に良い事はないです。
つまりどういう事かというとSPFの数値が高い日焼け止めを使えば紫外線から肌を守る効果が高いですが、それ以上に肌にも大きな負担があります。
なので、これから日焼け止めを購入しようと思っている人は単純にSPFの数値が高い物を選ばないようにした方が良いです。
では実際にSPFの数値がどれくらいのものが良いのかというと普段使いなら15から20くらいの数値が望ましいです。
また日差しが強い場所に行く際にはSPFが30以上のものが良いです。
こちらも参考にしてください。⇒日焼け止め SPF

関連記事