10年ほど前から自宅で太陽光発電を使用する中で、経済的に優しくかつクリーンなエネルギーを供給できる「太陽光発電」のメリットを実感しています。
最近では、東日本大震災をきっかけに太陽光発電を設置する家庭も増えてきているように思いますし、空き地などを利用して大規模な発電パネルが設置されている光景も目にするようになりました。
しかし、各家庭や民間レベルでの普及には限度があると思います。
日本の未来の環境を真剣に考えたとき、クリーンな電力を供給することが出来る太陽光発電の役割は大きいと考えます。
そこで、個人レベルにとどまらず、もっと国や市区町村が一体となって、学校や役所などの公共施設に積極的に普及を推進させることが重要だと思うのです。
さらに、建築法などで新しく建物を建てる時には、設置可能面積の数パーセントに太陽光発電パネルの設置を義務付けて、国が補助金を出すなどの思い切った政策に取り組むことができたらいいなとも思っています。
実際には難しい部分もあるのかもしれませんが、こういったことを少しづつでも実現させていくことで、日本の経済や環境に良い影響が生まれるのではないでしょうか。
今もなお原子力発電の稼働が厳しい中、既存の考えにとらわれない思い切った取り組みを加速させる勇気が必要だと思っています。

太陽光発電について、こちらにも書いてあるので参考にしてください⇒太陽光発電 未来

関連記事