外壁の色を塗り替える際にはまず、今のご自宅をよく観察する必要があります。
ではどのような点をみて外壁塗装の塗り替え時のサインを見破り、どのタイミングで外壁塗装を行うべきなのか注意点についてご説明します。
基本的な塗装の効果は10年から12年とされております。
また、築年数に関係なく外壁にヒビが見られたり、汚れが畜産されている場合は外壁を塗り替える事をオススメします。
ヒビや汚れは見た目にも美しくなく、放置する事で更に家の劣化が進んでしまいます。
また時間の経過が長い程に2次被害のリスクや出費がかさむ可能性が発生してしまいます。
またチョーキング現象が起こった時も外壁の塗り替えを検討するきっかけになります。
みなさんは経験がないでしょうか?壁などを触った時に手が白くなった事。
あれがチョーキング現象です。
チョーキングは紫外線や雨の影響を受けて外壁の劣化が進んでいる事を示しているのです。
この現象は意外に身近にある事なので自宅を点検をする際は外壁を手で触って点検をしてみて下さい。
今回、ご紹介した点検方法を元に自宅を観察するといち早く家の健康状態を発見する事が出来ます。
私達人間と同じ様に家も健康状態をチェックしてあげるのが大切です。
外壁塗装のタイミングとサインについて詳しく知りたい方はこちら⇒外壁塗装 タイミング サイン

関連記事

    None Found