脱毛をする場合、現在の主流はメラニン色素にフラッシュやレーザーを反応させて、熱を伝導させて毛が生えないようにする方法です。

そのため、メラニン色素を含んでいるものには、反応します。
メラニン色素を含んでいるものといえば、日焼けしたお肌やホクロです。

日焼けしたお肌は施術を断られることが多いですが、ホクロの場合はどうしようもないので断られませんが、ホクロをそのままにして施術をすると火傷をする危険があります。

ミュゼプラチナムでの対処法

ミュゼプラチナムは、脱毛エステ業界の中でも、トップクラスの人気を誇るエステです。

そんなミュゼでの対処法は、ホクロの部分にはシールのようなものを貼り、フラッシュを浴びないようにすることです。

例え小さなホクロでも火傷をする恐れがあるので、自分では気づかなかったようなところでもシールを貼られるので、「そんなところにホクロがあったの?」と自分でも驚きます。

さらに、ミュゼでは小さなものでも見落とさないように、スタッフの方が2人がかりでホクロのシール貼りを行ってくれることがあります。

シールのサイズは、貼る場所のサイズに合わせて変えてくれるので、例え大きなイボのようなものであっても、ちゃんとシールを貼ってもらえます。

関連記事