外壁塗装をしようと思った時に意外と色の選び方の知識に乏しいままで外壁塗装の塗料を選んでしまう傾向にあります。
特に外壁塗装の色の知識が乏しい人にありがちなのが外壁塗装に使う塗料の色を白や黒にしてしまう人です。
確かに外壁塗装をしたばかりの頃は外壁の色が白や黒にした方が壁が綺麗に見えてすごく良いです。
ですが、それは最初の頃だけでしばらくしたら雨風に外壁が晒されてすぐに汚れてしまいます。
そうなるとせっかく白や黒で外壁塗装をして綺麗に見えていたのが一気に汚れが目立つようになります。
なので、家の外壁塗装の色の知識で最低限知っておくべき事は白や黒は避けるというのがあります。
それが外壁塗装に使う塗料の色の最低限の知識になります。
ですが、意外と多くの人がこの事すら考えないで適当に外壁塗装の色を選んでしまって汚れが目立つ白や黒を選んでしまうというのがあります。
また赤や青などの原色も避けた方が良いです。
それはどうしてかというと、原色だと塗ったばかりの頃は色が鮮明ですごく見栄えが良いですが、原色は経年劣化が激しいのでそのうち色が薄くなって劣化が分かりやすいです。
もちろん、それ以外の色でも劣化はしますが原色よりはましなので原色以外で外壁塗装をするのが基本になります。
こちらも参考にしてください。⇒外壁塗装 色 知識

関連記事