太陽光発電は屋根にソーラーパネルを設置することで、太陽光が当たるだけの屋根を発電システムとして活用することができます。
太陽光発電システムにおいて重要な装置となるソーラーパネルは、複枚数の太陽電池を直並列に接続することで必要な電圧と電流を得られるようにしたパネルになります。
そのため、太陽光発電システムのしくみとして、ソーラーパネルがあってこそ太陽光発電で発電できるものとされています。

また、太陽光は太陽が放つエネルギーなので、太陽光がソーラーパネルにさえ当たれば発電できます。
太陽光発電システムを導入するためにソーラーパネルを屋根に設置する際は、屋根の形や広さに合わせてソーラーパネルを組み合わせて設置することになります。

ちなみに、ソーラーパネルの1枚あたりの価格がメーカーによって決められているので、1枚あたりの価格×設置枚数がソーラーパネルの設置費用としてかかるしくみになります。
ソーラーパネルは、材料や形態により発電効率と価格が異なってきます。

中でも、単結晶シリコン型のソーラーパネルは、太陽光発電システムで一般的とされているソーラーパネルとして活用されます。
単結晶シリコン型は、値段は高くつきますが発電効率が高いため、多くのメーカーに取り扱われています。
しかし、太陽光発電システムでは同じ単結晶タイプのソーラーパネルでも、メーカーによって発電効率や価格が異なるしくみになっています。

太陽光発電について、詳しくはこちらを参考にしてください⇒太陽光発電 しくみ

関連記事