最近肌が荒れている、なんかイライラ、ストレスが溜まる、お腹が張る、このような方は便秘で悩んでいる人に多い特徴です。
便秘は体にいらないもの(有害物)を腸内にためておくことになりますので早いうちに対策した方が良いでしょう。
便秘の解消でまず頭に浮かべるのがヨーグルトを摂取してビフィズス菌を摂ると考える方が多いです。
しかしよく、口から取り入れた乳酸菌は胃酸で死んでしまうとも言われますよね。
実際のところビフィズス菌は胃酸で死滅するから効果が無いというのは真っ赤な嘘なのです。
ビフィズス菌などの乳酸菌を食品やサプリで取り入れようとすると酸や消化酵素の影響により基本的死滅してしまうというのが多いのは事実のようです。
しかしながら乳酸菌が持つ働きは様々なものがあり胃酸で絶滅してしまっても腸の中で免疫成分が多数存在しているパイエル板という場所を刺激する働きがあるため、免疫細胞が活性化されるのです。
乳酸菌を「増やす」アプローチをしましょう。
腸の中にいるビフィズス菌は実はオリゴ糖がなければ生きていくことができないのです。
オリゴ糖とはヨーグルトに含まれているビフィズス菌の餌となってお腹の中でビフィズス菌を増やしてくれる効果があるのです。

実のところ腸内環境を整えるには乳酸菌よりオリゴ糖の方を多くとったほうが効率的なのです。
オリゴ糖というのはブドウ糖や果糖が結合した糖の一種です。
そのオリゴ糖は体の中で消化吸収されることがなくそのまま体の外に出される特徴があるのです。
このようなことから無駄なカロリーを摂る心配もなく、そのものを柔らかくさせてくれる性質を持ち合わせています。
オリゴ糖は薬局やドラッグストアで販売されてるような一般的な商品ですとオリゴ糖が少ないのです。
オリゴ糖選ぶ際はオリゴ糖が100%に近いのを選びましょう。

参考: すっきり贅沢抹茶 口コミ

関連記事